カナガン 安全性 原材料

カナガンの安全性は?原材料、添加物、品質をチェック!

 

カナガンはペットフード先進国イギリスで作られたドッグフードです。

 

もともと肉食動物である犬に適した動物性タンパク質を
豊富に配合し、ハーブや野菜も充実。

 

  • ウンチの状態がよくなった
  • 食いつきがいい

 

と口コミも評判です。

 

そんなカナガンドッグフードの安全性は高いのでしょうか?

 

危険な原材料、成分は入っていないのでしょうか?
ここではカナガンの原材料から安全性を考えていきます。

 

カナガンドッグフードの全原材料をご紹介

 

 

まずはカナガンの原材料をご紹介します。

骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、
エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、
チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル(硫酸第一鉄水和物、
硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、
無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン(ビタミンA 
16,250IU/kg、ビタミンD3 2,400IU/kg、ビタミンE 240IU/kg)、
グルコサミン1000mg/kg、メチルスルフォニルメタン(MSM)1000mg/kg、
リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、
コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、
クランベリー、アニスの実、コロハ

安全性を考えるうえで以下の3点の注目しました。

 

  • 犬にとって消化しにくい穀物(小麦、トウモロコシなど)が入っていないか?
  • 犬にとって有害な人工添加物(着色料、香料、保存料など)が入っていないか?
  • 肉副産物が入っていないか?

 

それぞれ見ていきましょう。

 

犬にとって消化しにくい穀物が入っていないか?

 

 

入っていません!

 

一般的なドッグフードには、低コストでかさ増しができる
小麦やトウモロコシなどの穀物が入っているものが多いです。

 

でも犬の体はヒトとは違い、穀物を消化する酵素が少ないのです。

 

そのため穀物は犬の消化器官に負担をかけるだけでなく、アレルギー
は皮膚疾患を引き起こすことがあります。

 

カナガンは穀物が入っていないグレインフリーフードです。

 

安心して愛犬に食べさせることができます。

 

犬にとって有害な人工添加物が入っていないか?

 

 

これも入っていません!

 

安いドッグフードには食いつきをよくする香料、見た目をよくする着色料、
賞味期限をよくする保存料などが入っています。

 

カナガンには人工添加物は入っていません。

 

「保存料を使わずに品質を保てるのか?」と心配に
なるかもしれませんがまったく問題ありません。

 

天然のハーブが入っていますから。ビタミンEの一種・ミックストコフェロールは
天然の保存料で、犬の健康を害することはありません。

 

肉副産物が入っていないか?

 

 

結論から書くとこれも入っていません!

 

肉副産物とは肉を加工したときに出る肉以外の部分のことです。

 

具体的には肺、脾臓、腎臓、脳みそ、胃、腸、血液、脂肪組織などです。

 

食肉を加工する際、必ずこういった副産物ができますが、
ヒトが食べることができない、いわばカスです。

 

ドッグフードを低コストで仕上げるために肉副産物を使うのです。

 

こんなカスを使っていては犬の健康にいいわけがありません。

 

カナガンは肉副産物を使わず、いい環境で飼育された
平飼いチキンをメインに使ったドッグフードです。

 

もちろんヒトが食べることができるヒューマングレードだから安全です。

 

まとめ:カナガンの安全性は最高レベル

 

 

原材料を調べるとカナガンの安全性はきわめて高い、ということができます。

 

品質管理も徹底していますし、メーカー、販売会社もしっかりしています。

 

フードの悩みを解決したい飼い主の方は積極的に検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

★★★最大20%OFF!お求めは縛り回数なしの定期コースで!★★★